スマホ版サイトはこちら

マノ先生のデッサン通信講座
イラスト 専門の学校

[通信講座]  マノ先生のデッサン通信講座

分かりやすい教材テキストでデッサンのプロの技術が学べるマノ先生のデッサン通信講座

TOPページ > 通信講座 > マノ先生のデッサン通信講座

デッサン通信講座

マノ先生のデッサン通信講座 1課題の習得イメージ
授業回数 全10回(新規10課題・反復10課題)
受講期間 10ヶ月〜(最長2年間有効)
受講開始 平成30年 1月講座スタート
随時(毎月先着5名着順)
毎月月末発送
受講料 39,800円
※表示金額は全て税込み
※テキスト代、送料含みます

「絵を描くことを始めてみたいけれど、何からスタートしたら良いか分からない」「形の取り方が苦手…「立体感が表現できない…」」という方にオススメなのが、こちらのデッサン通信講座コースです。

amps(アンプス)と中野デッサン教室で展開している、マントリ・マノジュ講師の担当する「初心者のための人物デッサン基礎講座」「ゾウのデッサン室」「風景画講座」等デッサンに関するカリキュラムを、全10回で通信講座向けに再構築。市販の参考書や教本には無いプロの技術が、分かりやすい教材テキストで学べます。教材テキストで学んだデッサン課題はプロの講師が添削しますから、きちんとした技術が身につきます。デッサン通信講座で『デッサンを描く力』を習得しましょう。

デッサン通信講座の狙い

  • デッサンを上達する上で覚えておかなければならない必要な用具、鉛筆の使い方等の理解。
  • 物の形と陰影、パースの理解、風景画、動物画、人物画の描き方等の基本的な描法をマスターする。
  • 好きな題材を自身で用意しての自由課題制作。

デッサン通信講座 教材例

  • デッサン通信講座 教材例1
  • デッサン通信講座 教材例2
  • デッサン通信講座 教材例3

デッサン通信講座 カリキュラム

  • デッサンに必要な用具の説明:
    鉛筆の種類と使い方、練り消しゴムでのデッサン。
    a.基本形状「立方体、三角錐、円錐 」のデッサン。
    b.紙コップの描き方を学んでデッサンする。
  • 静物デッサン①:
    テキストを見ながら、物の形と陰影を描く。
  • 静物デッサン②:
    自分の身の周りにある物2点を自由に選んで、物の形と陰影を描く。
  • 風景画の描き方:
    パースの描き方。多数の消失点を使った描き方。
    戸建ての建屋から、沢山の建物がある街の描き方を学ぶ。
  • 風景画の描き方:
    自然の風景を描く。樹木の幹と葉っぱなどの陰影を学ぶ。
  • 動物画の描き方:
    動物の基本的な描き方を学ぶ。
  • 人物画の描き方①:
    人物の全身の描き方を学び、男女の全身のポーズを描く。
    a.全身の基本的な形のとらえ方。
    b.顔、腕・手、脚・足の描き方。
  • 人物画の描き方②:
    人物の陰影を鉛筆で描く。
    人体のパーツにより、鉛筆での描き方の違いを学ぶ。
  • 作品制作①:
    テキストの静物画・人物・風景画の中から自由に選んで「デッサン作品」を作る。
  • 作品制作② :
    自分の好きな題材を自分で用意して、鉛筆やペン用いた「デッサン作品」を描く。
※この通信講座のカリキュラムは平成27年12月段階での内容です。カリキュラムは講師陣が常に吟味し、最新のものを提供するように心掛けています。そのため、実際の授業の際には、若干の変動がある場合があります。
※中野デッサン教室にある「デッサン通信講座」と内容は同じです。
受講に必要なもの 鉛筆・消しゴム等の筆記用具があれば問題ありません。

デッサン通信講座 講師

デッサン通信講座 平井ひろ
監修・教材編集:
マントリ・マノジュ講師 Manoj Mantri

インド国立L.S.ラヘージャー美術大学卒。絵画履歴:鉛筆画、版画などで肖像画、風景画など描き続ける。スカパー.Ch.535ヌーベルパラダイス放映中「デッサンの時間」出演中。受賞暦多数。インド伝統芸術「砂絵作家」としてテレビ出演も多数。

『デッサン通信講座』のお問い合わせ

  • イラストの専門学校 amps(アンプス)電話番号:03-5318-9265
  • イラストの専門学校 amps(アンプス) 資料請求
  • イラストの専門学校 amps(アンプス)お問い合わせ
  • デッサン体験入学受付中!