よくあるご質問

ヌードデッサンについて

ヌードデッサンのモデルについて

ヌードデッサンのマナーについて

ヌードデッサンについて

ヌードデッサンについて

デッサンとは?

鉛筆や木炭を使って、対象物のありのままの姿を忠実に写し取ることを“デッサン(素描)”といいます。
デッサンは、アーティストやクリエイターなどの基礎技術とされる「描写力」や「観察力」を養う、最も基本的な練習方法の一つです。描く対象が人間の場合は、モデルそのものが持つ形と陰影に注目するために、ヌードデッサンが行 われます。

クロッキーは、デッサンとは別のものですか?

デッサンは時間をかけてじっくり対象を描きますが、クロッキーは短時間で大まかな線や陰影を捉えて描いていきます。一般の人物クロッキーは、モデルさんが1〜2分で次々にポーズ変えるのを素早く描きます。アニメーターの就職用ポートフォリオでは、必ずこのクロッキー作品が必要です。

デッサンは、アーティストやクリエイターにとって必要ですか?

目指す職業やレベルにもよりますが、結論からいうと、デッサンは不可欠なものです。
本屋さんに行けば、いろいろな教本やテキストがありますが、独学ではなかなかオリジナル性が強くでていて、何が正しいのか悪いのか、分からなくなる場合もあります。週1でも、月1回でもプロからアドバイスをもらったり、客観的な意見を聞けば、みるみるうちに上達します。

誰でも、上手く描くことができますか?

「中野デッサン教室」では、楽しんで描くことがコンセプトなので、上手に描けるかを気にする必要はありません。デッサンの技術が上がっていくと、自然に描く楽しさも増してきます。今まで、絵を描いたことのない方にとっては、デッサンを上手く描くことは大変のように思えますが、手順を追いながら時間をかけて練習すれば、絵は誰でも上達するものです。

ヌードデッサン会は、誰でも参加できますか?

もちろん、誰にでもできます。「中野デッサン教室」のヌードデッサン会は、楽しいお絵描きの教室と考えてください。上手に描くことではなく楽しんで描くことが目的です。また、試験で点数をつける訳ではありませんので、他人から見て上手いかどうかではなく、自分で良く描けたかどうか、楽しんで描けたかどうかに重点を置いています。ぜひお気軽にご参加ください。

ヌードデッサンは、どんなかたちで描画の上達に繋がるのでしょか?

洋服を着ている人物を描くときに、人体構造を理解していないと、なかなかプロポーションが決まりません。人体構造を把握するためには、ヌードデッサンがとても役立ちます。アニメーターやマンガ家、イラストレーター等を目指しているのであれば、ぜひ一度ヌードデッサンにチャレンジしてみましょう。

ヌードデッサンの教室は、どんな感じですか?

「中野デッサン教室」の教室は、静かで落ち着いた心地のいい空間です。モデルさんがヌードになるのは、教室の雰囲気と描く側の意識を変える効果があるので、真剣な気持ちでデッサンに集中できる空間といえます。

ヌードデッサンに参加する意義は?

ヌードデッサンを通して人体を観察すると、人体の造形美と機能美にびっくりすることでしょう。ヌードは決していやらしいものでなく、ヌードが本来持つ美しさに触れることができます。また、集中してデッサン行なうことで、ちょっとストレスを解消させたいという気持ちから参加する人もいます。

裸が見たいという気持ちで、参加して構いませんか?

ヌードを描いてみたい、異性の裸を見たいという動機でご参加されても、全く問題はありません。そういった素朴な興味に起因されヌードデッサンにご参加することは自然な事です。

ヌードデッサンの魅力は何ですか?

女性ヌードは「曲線美」、男性ヌードは「筋肉美」といわれます。デッサンを進めていくと、ヌードには自然芸術的な美しさがあるという事に気づくでしょう。

ヌードデッサン会は、どれ位の時間で行われますか?

「中野デッサン教室」のヌードデッサン会は、「20分間モデルがポーズをとって、10分間休憩」を1コマとして行っています。モデルさんが同じポーズで、20分間動かずにいるのは意外に重労働なお仕事です。「中野デッサン教室」では、モデルさんの体に過度の負担をかけないように進めています。

ヌードデッサンのモデルについて

ヌードデッサンのモデルについて

ヌードのモデルさんになる人は、どんな人がいますか?

「中野デッサン教室」のヌードデッサンのモデルさんは、俳優・タレント、舞台芸術に関わっている舞踏家や役者さん、武術家の人達がいます。モデルさんは、同じポーズを一定時間保つため、精神力や体力が必要とされるので、自己の身体的な表現能力に秀でている人が多いようです。

ヌードのモデルさんになるのに興味があります。

誰でも、初めて人前でヌードになるのは緊張するようですが、一度やってみると自信がつき、プロとしても続けられるようです。ヌードになるのは、慣れてしまえば何でもないことのようです。

モデルさんは、どんなポーズをとるのでしょう?

個性的なポーズだったり、動きのあるポーズは描く側の意欲を刺激しますが、無理なポーズをとってモデルさんが体を痛めてしまっては元も子もありません。「中野デッサン教室」の場合、モデルさんの体に負担のかからないポーズで、かつ初心者の方にも描きやすいポーズをお願いしています。

モデルさんは、寒いとか熱いとか大変そうですね。

ヌードデッサン会では、空調等で寒暖の差がないよう会場の気温を調整しています。モデルさんの体調を最優先しているため、参加者の方が暑かったり寒かったりする場合もありますので、ご参加の方は体温の調節ができるような衣服でお越しください。

描く側は、どんな位置から描くのがいいのですか?

絵は座って描くものと思いがちですが、イーゼルを使い立って描くと視点が上がり、モデルさんの別な美しさが発見できたり、集中力が増したりと、新鮮な気分でデッサンが描けるような場合もあります。先ずはご自身でいろいろと試してみましょう。

部分的にモデルさんを描いてもいいのですか?

もちろん構いません。全身を描かなければならないという決まりはありません。またモデルさんの上半身、胴体、腕や足などの部分的なデッサンに集中しても大丈夫です。ただ初心者の方は、先ずは正面の顔を描き、次にバストサイズ、最後に全身という流れが描きやすいでしょう。何れにせよ最初は自己流で構いませんから、どんどん手を動かしましょう。

アニメやマンガ、イラストぽい、絵を描いてもいいのですか?

「中野デッサン教室」には、決まりや制限はありませんので自由な画風で描いてください。墨やパステル、マーカーなどで描く方もいらっしゃいます。粘土でフィギュアの造型練習をしても構いません。

ヌードデッサンには、どんなポーズがありますか?

ヌードデッサンのポーズには、基本的に、立ち、寝、座り、腰かけ、膝立ち、かがみポーズのような種類があります。この他にも様々なポーズがありますが、限られた時間の内でモデルさんが姿勢を保ち続けることのできるポーズは上記の範疇になります。

とってほしいポーズを、モデルさんにお願いできますか?

事前に、講師やスタッフに「こんなポーズが描きたいのですが…」とご希望を伝えてください。モデルさんの体に過度の負担がかからないポーズであれば注文に応じてくれます。

ヌードデッサンのマナーについて

デッサンの基本的なマナーを教えてください。

「中野デッサン教室」での、マナーの大前提はモデルさんや他の参加者に迷惑をかけないということです。もちろん、デッサンの最中にモデルさんに触れたり、話かけることはできません。またデッサンをしなかったり、大声を出したり、私語はやめてください。もちろん、携帯電話の使用や写真撮影等はできません。マナーを守れない方は会場から退室して頂き、以後の参加をお断りする場合があります。

自分の描きたい位置への移動はできますか。

教室では、予め座席が決められていますが、描きたい角度や位置があれば、座席を移動させる事は可能です。移動したい場所の近くに他の参加者さんがいましたら、視界を遮っていないかなどを確認し、了解を得てから移動しましょう。

モデルさんをデッサンする時の注意事項は?

描く側の気持ちは、モデルさんにも伝わります。「一生懸命に描いてみよう、描きたい!」という思いは、モデルさんにも必ず伝わります。それによってモデルさんは更に美しいポーズをとってくれる筈です。ヌードデッサンはモデルさんと描く側の共同作業です。
ヌードデッサンを描く時に最も注意すべきマナーは、モデルさんのポーズ中に教室の扉を開けないことです。ポーズ中の退席、またはポーズ中に教室に入ることはできませんので、トイレなどは、10分の休憩中にモデルさんの着衣を確認してから行きましょう。勿論、ポーズ中にカーテンを開けたり窓を開けるのもNGです。具合が悪くなった場合には講師かスタッフに申し出てください。

『中野デッサン教室』へのお問い合わせ

  • 中野デッサン教室 資料請求
  • 中野デッサン教室 お問い合わせ
中野デッサン教室 電話番号:03-5318-9265
ページTOPへ